恥ずかしかった旅行

30代女性です。
20代の頃から、歯ぎしりで家族からうるさいと言われていました。うるさいという母も歯ぎしりをするのですが・・・。特に、疲れているときは必ずキリキリと歯ぎしりをしているようです。寝ているときはわからないのですが、歯ぎしりをしていた日は朝起きたとき、顎に痛みを感じたり奥歯も痛む事がありました。この頃から、顎関節症にもなり奥歯が小さくなっている気がしていました。。

 

一番困ったのは友人宅へ泊まりに行ったときや、旅行のときです。歯ぎしりをして迷惑が掛からないようにと思うあまり眠れなくて必ず睡眠不足になります。1泊程度の旅行ならいいのですが、2泊や3泊といった旅になると、前日の疲れもあり無意識のうちに眠ってしまい、キリキリと歯ぎしりをしてしまいます。

 

友人は笑って「疲れてたんだね」と言ってくれたのですが、初めて当時の彼と2泊3日の旅行に行ったとき、彼の前でも歯ぎしりをしてしまいました。翌日私はスッキリとした顔をしていたのですが、彼はとても眠そうです。どうしたのか聞くと私の歯ぎしりのせいで眠れなかったと言われてしまいました。申し訳ないのと恥ずかしさで二度と旅行には行かないでおこうと決めました。

 

この体験があって、歯医者に行き相談をしてマウスピースを作る事にしました。歯形を取り、自分専用のマウスピースを作りました。始めは慣れなくてなかなか寝れずにいたので、日中から寝るまでの間につけてまずは慣れることにしました。日中、歯ぎしりはしませんが歯を食いしばる癖があるようで、折角作ったマウスピースが割れてしまいました。

 

再度、作ってもらい食い縛りにも気をつけながら生活を送りました。だんだん慣れてきて、寝るときにもつけてたのですが睡眠中のよだれがすごくて枕は使えず、バスタオルを枕代わりにして毎日取替えていました。今現在は、再度作ってもらったマウスピースも割れてしまい、作りに行くのが面倒になって何もしていません。

 

主人からは、たまにうるさいと言われますが、歯ぎしりもなく静かなときもあるようです。しかし、歯ぎしりは歯にも悪く歯周病を促進させるようなので又、マウスピースを作りに行こうと思っています。今度はこの食いしばりの癖や歯ぎしりが治るまで、しっかりと治療を続けたいです。

 

 

>>もっと歯ぎしりの事を知りたい方はコチラ<<

 

 

>>管理人一押し《歯ぎしりサプリ》はこちら<<

 

関連ページ

ものすごい力での睡眠
私は小さい頃から歯ぎしりをしていました。それは自分では自覚は無かったのですが、隣の部屋で寝ている姉からの指摘で知りました。「夜中、歯ぎしりしてるで・・・」それを言われるまでは全く自覚がなかったのです。確かに、朝目覚めた時の顎のダルさは常にありました。
歯ぎしりの三重苦でお金が飛んでいく
小さな頃から歯ぎしりが治らなかった私は、3つのことに頭を悩ませています。一つ目は、虫歯です。歯ぎしりがきついので、歯を守っている外側のエナメル質が削れてしまうのです。次第に象牙質もやられ、大きな虫歯になってしまいます。
歯ぎしりでの失敗談
私は寝る時に歯ぎしりをします。彼の家に初めて泊まりに行った時も歯ぎしりをしてしまい、後から言われて恥ずかしい思いをしました。自分はグッスリ眠っているとなかなか気が付かないものですが、一緒に寝ている家族や子供が隣でギリギリと歯ぎしりをする音って結構いやなものです。
旦那が睡眠不足になってしまいました
私は今まで自分が歯ぎしりをしているということを知りませんでした。以前テレビ番組で紹介されていた、歯の個々の部分が欠けていたら歯ぎしりをしている可能性がある!といった内容のセルフチェックをやってみましたが当てはまらなかったため安心していたのです。しかし今の主人と結婚をして同じベットで寝るようになると、主人から「ものすごい激しい歯ぎしりをしているよ」と言われたのです。
彼氏とのお泊まりで失敗しました。
自分では自覚がありませんでしたが、私は小さい頃から歯ぎしりが凄かったようです。家族同じ部屋で寝ていたので、家族から「昨日も歯ぎしり凄かったよ」と毎日言われていました。高校生になっても歯ぎしりは続き、それだけでなく虫歯の有無や歯茎から血が出る事なども気になっていたので、ようやく大っ嫌いな歯医者へ向かうことにしました。
歯ぎしりをして金歯が取れた。
一緒に住んでいる人から聞いた話ですが、自分は寝ている最中に無意識で歯ぎしりをする。テレビの情報だが、「歯ぎしりというのは、寝相と同じで、身体の調節をしている。」という情報があった。なので、歯ぎしりは顎の調整を寝ている間に自分で調整していることになる。
彼と歯ぎしりと私
私は小さい時から寝ているときに毎日かのように歯ぎしりをしているようです。自分では気付いておらず、どのような時がしていてどのような時がしていないのかが分かりません。隣の部屋で寝ている姉に、よく次の日に注意をされます。注意をされても無意識なので治しようがありませんでした。母も歯ぎしりをしていたので遺伝なのだと開き直っていました。
歯ぎしりの対策
歯ぎしりは、人から言われて初めて気がつくという人が多いのではないでしょうか。まさに私もその内の一人です。まさか私が歯ぎしりをしているとは、今まで全く気がつきませんでした。