歯ぎしりに対する対策

歯ぎしりは、人から言われて初めて気がつくという人が多いのではないでしょうか。
まさに私もその内の一人です。
まさか私が歯ぎしりをしているとは、今まで全く気がつきませんでした。

 

ある日、主人に、私の歯ぎしりが気になって眠れない、すごくうるさいと言われて大変ショックを受けました。
自分では全く自覚がないので、信じられない気持ちでした。
主人にいくらうるさいと言われても、歯ぎしりをしているのは睡眠中のことで、無意識のうちに行っていることです。

 

そのため最初のうちは、そんなこと言われてもどうすることもできないと思っていました。
とはいえ、やはり主人の睡眠を妨げる原因を作っているのは、私自身なので、そのまま放置しておく訳にもいかず、色々と調べてみることにしました。

 

やはり、仕事が忙しく疲れている時や、ストレスなどを感じている時などが、特に歯ぎしりが酷くなる原因のようです。
また、普段から、何か力をいれなければならない時、仕事や家事をしている時などに、歯を食いしばる癖が私にはあります。

 

これも歯ぎしりの原因にもなっているかと思います。
ちょうどその頃、たまたま友人から歯ぎしりに対する対策となる、とても参考になる話を聞くことができました。

 

その友人も長年歯ぎしりをしていて、彼女も同じくご主人から指摘されたそうなのですが、その対策として、歯医者さんにてマウスピ?スを作ったという話を聞きました。

 

友人のその話を聞いてすぐに、私もとりあえずマウスピ?スを試してみようと思いました。
早速、歯医者さんに相談をして、自分の歯に合ったマウスピ?スを作ってもらいました。

 

歯を食いしばる行為や歯ぎしりは、歯が欠けたり、噛み合わせや歯並びが悪くなったりするので、歯にとっても非常に危険な状態です。
中にはマウスピ?スを睡眠中に砕いてしまう方もいらっしゃるそうです。

 

それぐらいに無意識のうちに歯を食いしばっているということなのです。
たとえマウスピ?スが壊れたとしても、大切な歯は守られるということなので、マウスピ?スの利用は大切だなと思いました。

 

歯を食いしばる行為や歯ぎしりは、歯にかなりの負担をかけているだけではなく、頭痛や肩こりなどの原因にもなります。
これからも歯を大切にする為にマウスピ?スを利用していきたいと思います。

 

 

>>もっと歯ぎしりの事を知りたい方はコチラ<<

 

 

>>管理人一押し《歯ぎしりサプリ》はこちら<<

関連ページ

ものすごい力での睡眠
私は小さい頃から歯ぎしりをしていました。それは自分では自覚は無かったのですが、隣の部屋で寝ている姉からの指摘で知りました。「夜中、歯ぎしりしてるで・・・」それを言われるまでは全く自覚がなかったのです。確かに、朝目覚めた時の顎のダルさは常にありました。
歯ぎしりの三重苦でお金が飛んでいく
小さな頃から歯ぎしりが治らなかった私は、3つのことに頭を悩ませています。一つ目は、虫歯です。歯ぎしりがきついので、歯を守っている外側のエナメル質が削れてしまうのです。次第に象牙質もやられ、大きな虫歯になってしまいます。
歯ぎしりでの失敗談
私は寝る時に歯ぎしりをします。彼の家に初めて泊まりに行った時も歯ぎしりをしてしまい、後から言われて恥ずかしい思いをしました。自分はグッスリ眠っているとなかなか気が付かないものですが、一緒に寝ている家族や子供が隣でギリギリと歯ぎしりをする音って結構いやなものです。
歯ぎしりで恥ずかしかった旅行
20代の頃から、歯ぎしりで家族からうるさいと言われていました。うるさいという母も歯ぎしりをするのですが・・・。特に、疲れているときは必ずキリキリと歯ぎしりをしているようです。
旦那が睡眠不足になってしまいました
私は今まで自分が歯ぎしりをしているということを知りませんでした。以前テレビ番組で紹介されていた、歯の個々の部分が欠けていたら歯ぎしりをしている可能性がある!といった内容のセルフチェックをやってみましたが当てはまらなかったため安心していたのです。しかし今の主人と結婚をして同じベットで寝るようになると、主人から「ものすごい激しい歯ぎしりをしているよ」と言われたのです。
彼氏とのお泊まりで失敗しました。
自分では自覚がありませんでしたが、私は小さい頃から歯ぎしりが凄かったようです。家族同じ部屋で寝ていたので、家族から「昨日も歯ぎしり凄かったよ」と毎日言われていました。高校生になっても歯ぎしりは続き、それだけでなく虫歯の有無や歯茎から血が出る事なども気になっていたので、ようやく大っ嫌いな歯医者へ向かうことにしました。
歯ぎしりをして金歯が取れた。
一緒に住んでいる人から聞いた話ですが、自分は寝ている最中に無意識で歯ぎしりをする。テレビの情報だが、「歯ぎしりというのは、寝相と同じで、身体の調節をしている。」という情報があった。なので、歯ぎしりは顎の調整を寝ている間に自分で調整していることになる。
彼と歯ぎしりと私
私は小さい時から寝ているときに毎日かのように歯ぎしりをしているようです。自分では気付いておらず、どのような時がしていてどのような時がしていないのかが分かりません。隣の部屋で寝ている姉に、よく次の日に注意をされます。注意をされても無意識なので治しようがありませんでした。母も歯ぎしりをしていたので遺伝なのだと開き直っていました。